ヘルプ

陽が暮れた頃の方が映画の中っぽい

写真: 陽が暮れた頃の方が映画の中っぽい

写真: カメラを動かしてパノラマ撮影したんじゃないよ(爆) 写真: ピン暈けたデロリアンの運転席周り

映画を観る人も、通りがかりの人もすごくテンションが上がっていました。

今日はすみだトリフォニーホールで、追加公演です。
でも、あそこにはこれを展示する場所なんてあったかな、この日だけかも。

26日は大阪のオリックス劇場で。デロリアンの展示があるかどうかは知りません。
あそこもそんなにホールの敷地内にスペースあったっけ、、。

アルバム: 公開

お気に入り (17)

17人がお気に入りに入れています

コメント (10)

  • naoog(何だか忙しいぉ)

    わぁ。これは、テンション上がりますね。(^^)

    2015年11月24日 08:07 naoog(何だか忙しいぉ) (16)

  • MR2

    デロリアンの顔は何処か117クーペに似てるなと思ってたのですが両車のデザイナーがあのジュージアーロだったのですよ。

    2015年11月24日 09:30 MR2 (41)

  • tuti

    De Loreanというスペルだったのは初めて知りました。

    2015年11月24日 17:23 tuti (24)

  • 白石准

    naoogさん、ありがとうございます。
    みんなのワクワクも空気で感じました。映画を観ない人もいらしたでしょうが、観てからまたこれを見たら、一層愛おしく見えるのでしょう。

    2015年11月24日 17:58 白石准 (40)

  • 白石准

    MR2さん、そうなんですか、確かに似てますよね。いすゞの車って個性的で、かつヘビーデューティーで憧れたんですがね。

    2015年11月24日 17:59 白石准 (40)

  • 白石准

    soilさん、同じことを撮りながら思ってました(^_^)
    「Loreanの」って意味ですね。

    2015年11月24日 18:00 白石准 (40)

  • A-1

    バック・トゥ・ザ・フューチャは本当にハマった映画でした。再放送見ても未だにテンションあがります。こういう娯楽映画がもっとあってほしいものです。

    2015年11月26日 23:49 A-1 (20)

  • 白石准

    A-1さん、そのご感想に輪をかけて、というか、もう別物の迫力がありましたよ。
    映画の中の音楽の迫力とは比べものにならない音圧と、そして映画には無かった部分の音楽や、序曲まで着いて居ました。

    エンドロールはすぐに立ち上がる方も多いですが、音楽的には一番迫力のある長い曲で、終わった後の聴衆の興奮ぶりは半端なかったです。
    また来年も、インディー・ジョーンズとETのコンサート(ジョーン・ウィリアムスの年らしいですね)が夏にあるようなので、楽しみにしていてください。

    2015年11月28日 11:31 白石准 (40)

  • 葉月(心の洗濯中)

    今年はあの映画での未来の年なんですよねぇ。
    中学3年の時、初デートでpart3をみに行ったのが懐かしいです。。。

    2015年12月10日 02:55 葉月(心の洗濯中) (6)

  • 白石准

    葉月さん、おお、デートで映画、良いですねえ、僕はなんだったかなあ、、、。
    もしかしたら、大学生までそういうことしてなかったかも、、、(爆)

    あ、思い出した大学一年の時、宮本武蔵オタクだった僕は、中村錦之助(後の萬屋錦之介)の武蔵、高倉健の小次郎の、内田叶夢監督の全五部作の宮本武蔵を新宿の映画館で、オールナイトで観に行ったのですが、それに誘って一緒に朝を迎えました(爆)
    もちろん、ちゃんと映画を観てそのまま帰りましたよ(爆)

    2015年12月10日 11:59 白石准 (40)

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。